マンダラによるVeganレシピ(Buddhimindからのもの含む)


by mandala-3

<   2007年 05月 ( 9 )   > この月の画像一覧

ねぎごはん

白米に飽きたら、いろんなバリエーションがありますが、今日は「ネギご飯」。
アツアツご飯に、切ったネギ、ごま、塩を入れてさっくり混ぜるだけ。
なかなかのチープ感がいいね♪
金欠の時、一人でこっそり食べるっていうシチュエーションも似合うネギご飯。
小腹が空いた時に、ちょこっと食べるっていうシチュエーションも似合うネギご飯。

写真はないねん。
[PR]
by mandala-3 | 2007-05-28 23:38 | エスニック

バナナチャイ

c0115711_23292882.jpg
友人から頂いたチャイを淹れた。冷めたチャイを濃い目の豆乳で割り、普通に豆乳ミルクティを楽しんだ後、何を思ったか、凍らしたバナナと一緒にミキサーでMIXするという謎の行動にでた。はちみつも投入。・・・豆乳だけに。
さて、お味はというと、なかなか変わった味である。
でもなんか美味しいっていう・・・。
異国情緒溢れる味は、異国情緒溢れるグラスが似合う。
これは、モロッコのグラスでおま。
[PR]
by mandala-3 | 2007-05-28 23:33 | ドリンク

紅茶っちゃ

♪あなたもわたしもこうちゃっちゃ~♪
っちゅうのは、私が学生時代に流行った紅茶の宣伝の歌。

さて私は、お茶のお教室なるものに参加してきたアルヨ。
スリランカ紅茶のテイスティング会。

私はさりげなくというか、なんとなく「おもしろそうだから」と気軽過ぎるほどに気軽に参加したあるが、来られているメンバーさんたちはかなりの「通」な感じのお紅茶ファンで、話題もかなり高貴な感じ。
例えば、「コロンボ(首都)でおいしいお茶を買える場所」とかについてとか、スリランカのお茶協会の話とか、あたくし全然ちんぷんで、かんぷん・・・。
参加メンバーは、ざっとこんな感じ。お茶のバイヤーらしきおっちゃん、ティサロン経営ちっくなマダム、お茶好きが高じて世界お茶巡りの旅をしているバックパッカー風二人組み、紅茶の資格(ってのがあるんですわ)を取るのにお勉強している女の子、関西のあらゆるカフェに精通しているOL風二人組み、そして私。

先生が「スリランカ行ったこと在る人~」と聞く。私も含め半分以上が手を上げる。先生は「さすがお茶好きですね~」と。
「大島さん、どうでしたか?」と聞かれるが、お茶目的で行った訳でもなんでもない私。「ゾウに乗りました。」などと言って笑わせようと思ったが、やっぱりやめといた。他の人は、ボンボンとスリランカのお茶事情について語る語る。まるで私はテレビの特集を観ているかのようにお客様状態であった。

さてさてスリランカのお茶は主に五種類。産地がお茶の名前だ。キャンディ、ヌワラエリア、ディンブラ、ウバ、ルフナ。
スリランカ滞在中、キャンディのホテルで飲んだ紅茶がおいしかったのはギリギリ覚えている。

一杯ずつ別々に飲んでいく。そして、種類別のお話を聞いて学んでいく。全てを並べてテイスティング(飲み比べ)もある。

それぞれに香り、味、色などのテイストが違う。今、人気なのはルフナだそう。なんでかっちゅうと、中東のリッチな人々に需要があるから、なんだって。宗教上お酒を飲まないので、その分お茶を楽しむと聞いて納得。高級なスリランカティとして名高いのは、ヌワラエリア。標高が一番高い場所で採れるお茶は高級なものが多いそうだ。ウバはメントール様の香りがもともとついている。このお茶は独自の香りを楽しむお茶で、好き嫌いがパッカリ分かれる。ジャスミンティとか好きな人はウバはけっこう好きになるかもしれない。ウバを好む人は男性に多いらしい。私は、クセのあるこのお茶が好きだ。・・・

ほんでまた先生が「ストレート派の人~?」と聞けば、手を上げるのはオッサンと私のみ。「ミルク派の人~?」と聞けば、私以外の女子全員が手を上げた。先生曰く、「やっぱり女性はミルク派が多いですね~」って。・・って(苦笑)。

私の中のオッサン質を垣間見た一日であった。
[PR]
by mandala-3 | 2007-05-20 11:17 | *クラスジプシー
c0115711_2083379.gifネット中のティブレイクは、コレだ。
あんまし甘いのも飲みたくないし、味気ないのもなんだかねえ・・ってゆう時にオススメ。

梅干しとすりおろし生姜を入れてお湯を注ぐだけ。
梅を箸なんかでつぶして飲めば、焼酎気分。
しかし、ノンアルコールやけど。
甘くしたい人はハチミツとかでGO。
[PR]
by mandala-3 | 2007-05-16 20:10 | ドリンク

高野豆腐

c0115711_023129.jpg高野豆腐が好きですっ(チャンドンゴンのCM風で)。

うちの定番は、うすあげと一緒に昆布ダシで煮るだけの煮物。
いっぺん、高野豆腐をからっと揚げて、野菜と一緒に炒めてべジ酢豚(酢高野豆腐やけど)風にやってみたらおいしかった。けど、めんどくさいので、どうも毎回ダシで煮るだけになってしまう・・・。なんか、ええ食べ方ないかいな。

高野豆腐にチョココーティングして焼いたのか何なのかしたチョコパフ風お菓子を見た事があるが、スイーツにも使えるらしい。
なかなか奥が深いな。

いつも買ってる高野豆腐は小さくカットされてるやつ(写真参照)。
使いやすい。

高野豆腐レシピ発見

みすず豆腐のレシピ大全集
[PR]
by mandala-3 | 2007-05-15 00:02 | サイドディッシュ
毎月送られてくるルピシアさんからのお茶サンプル付きのカタログ。今月は、ダージリンフェスティバルが東京と大阪で開かれるちゅうことで、入場券がついてきた。
ちょうど母の日で大阪に帰るついでにおかんと紅茶大会することにした。

梅田駅にて。
続々と人々が会場に向かっている。すごい!

会場に入ると、すごい数のダージリンティ。ダージリンといえども、いろんな産地、いろんなフレーバーがあるらしい。試飲しまくり。(て、いうか、試飲の会やけどな)
味は似てるが、風味が違ったり、味そのものが違ったり、甘かったり、渋かったり、奥行きがあったり、後味の旨みが深かったりして、色も違うし、実にいろんな表情がある。
しかも、春摘み(ファーストフラッシュ)だけで、だ。
冬以外に主に収穫するので、春はファーストフラッシュ、夏のセカンドフラッシュ、秋はオータムナルというらしい(教えてもらいたての単語や、笑)。

会場の中、おかんは途中で
「何が何かわからんなってきた。」とドロップアウト。

ついでに私も途中でわけわからんなってくるが、最後までチェックしといた。全部飲んだら、腹ちゃぷんちゃぷんなるので、適当に味見。・・・全部飲む人もそらおるやろけど。日ぃ暮れるわ。

そして、ぐるっと一周した後、フレーバーティやらを買うて、会場を後にした。しかし、私達は肝心のダージリンを一個も買わなかったのである。何しに行ったのやら・・・(笑)。ま、えっか。ネットでいつも買うから(言い訳)。あ、その前にティポット買わなあかん。こないだ、割れよったし。お茶の葉あってもティポットないって、グダグダやな。

ちゅうか、ダージリンは紅茶の王様ですなあ。


※ダージリン
世界三大銘茶のひとつ。
インド北東部のダージリン地方のお茶。
紅茶のシャンパンとも呼ばれる。
[PR]
by mandala-3 | 2007-05-14 11:18 | *クラスジプシー

脂肪燃焼スープ

c0115711_3162032.jpgうれしい名前のスープ。
これをメインに7日間ダイエットすると痩せるらしい。
作ってみたら、なかなか具沢山でおいしいスープであった。


【 材料 】
・玉ねぎ 1個半
・にんじん 1/2個
・キャベツ 1/4個
・セロリ 1/2本
・ピーマン 1個
・ホールトマト 1/2缶

・こんぶ 1枚
・しいたけ 2枚

・塩 
・しょうが

・水 2~3リットルほど

【 作り方 】
①野菜は食べやすい大きさに切る
②鍋に水を入れて、こんぶとしいたけでダシをとる
③その中に野菜を放り込んで煮る
④塩としょうがで味を整える
[PR]
by mandala-3 | 2007-05-08 07:00 | スープ

わかめスープ

マンダラ家特製わかめスープやでぇ。

【 材料 】
塩蔵わかめ(国産がいいと思う) 適当(多め)
にんにく 1片(みじん切り)
うすくちしょうゆ
こしょう 少々
ごま油 少々
すりごま 少々
ねぎ 2本ぐらい(小口切り)

【 作り方 】
わかめは塩抜きしてから切っておく
①鍋を熱して、ごま油をひく
②にんにくを入れて炒めて香りを出す
③わかめをそこに入れて炒める
④しょうゆを大さじ1ほどいれてさらに炒める
⑤そこにお水を800mlぐらい入れて煮る
⑥煮立ったら火を止めて、しょうゆ、こしょうで味を調える
⑦最後にすりごまとねぎを振りかけてできあがり

材料からのお味が出ているので、ダシはとってません。
コツは手早く作ることです。
わかめは煮すぎるとクタクタになって、変色するのでお気をつけ下さい。
緑が深く輝く瞬間が食べ頃です。

c0115711_1845743.jpg誰が始めに海草を食べようと思ったんでしょうか・・・?海岸に落ちている海草(写真参照)はあまりおいしそうには見えませんなあ・・・。只今、私はイメージしております。海の方に住んでた古代人がパクッと食ってみたら美味くて、家にもって帰って家族に食べさせたら好評だった、みたいな様子を。
[PR]
by mandala-3 | 2007-05-03 18:37 | スープ
c0115711_2183132.jpgコーヒーが飲めない私。しかし、なぜかコナコーヒーだけは飲めるんです。
ブラックでは、あまりにもコーヒーなので、豆乳で割ります。
コーヒー牛乳は飲めるっていうお子チャマのようです。
チャイと同じような用量で作ってみました。コーヒー通の人からしたら邪道(笑)?

【 材料 】
・KONAコーヒー(粉末) 大さじ1
・お湯 250mlぐらい
・豆乳 300mlぐらい
・黒砂糖 お好みで
・キャラメルシロップ お好みで

【 作り方 】
①お湯を沸かして沸騰したら火を止め、コーヒー粉を入れる。
②茶漉しで出がらしを取っておく。
③豆乳と黒砂糖を入れて、弱火で温める。
④熱くなれば、鍋からカップに注ぐ。このとき、高い位置から注ぐのがコツ。
⑤鍋→カップ、カップ→鍋と交互にチャイのように繰り返し注ぐ※とおいしくなる(と思う)。

c0115711_219312.jpg※インドで仲良くなったご家族のママさんに教えてもらった方法で、こうすることでチャイがいい感じに混ざって味がまろやかでおいしくなるんだそうです。インドにいくと、チャイ屋のオッサンもこうやって混ぜてるのをよく見かけます。
[PR]
by mandala-3 | 2007-05-03 02:12 | ドリンク